archive: 2020年02月  1/1

ノルマンディー、残口ありで面白いのはサニーヘイローの18

現在、ノルマンディーで残っているのは21頭余り。この中でどれが面白いのかというと、それはサニーヘイローの18。ブラックタイプはサニーブライアン、サニーサンデー、ダービー2着のサニースワローと牡馬が多く、牝馬は丈夫でコツコツ稼ぐタイプが多いように思います。母サニーヘイローはマイル以下の芝で生涯成績40戦3勝と丈夫で長く活躍しました。本馬は牝馬でありながら480キロ前後と馬格に恵まれ、測尺も十分。いわゆる小野町...

  •  0
  •  closed

オメガパフュームの半弟エクストラノートの鞍上は武豊

22日土曜京都3R。ダート1800m3歳新馬。なんとか新馬戦のあるうちにデビューできることになったエクストラノート。本馬はオメガパフュームの半弟でありながら一口3万という、お手頃価格。理由は色々あると思いますが、①6月という極端な遅生まれで、馬体に相対的に魅力がなかった。②募集時には半兄オメガパフュームはまだGⅠはおろか重賞を勝っておらず(ジャパンダートダービー2着だけ)価格が抑えられた・・・等があると思われます...

  •  0
  •  closed

いよいよブレイク必至な松山弘平という騎手

京都金杯サウンドキアラ、東海Sエアアルマス、きさらぎ賞コルテジア。僅か1月半あまりで既に重賞を3勝しているのが松山弘平騎手。通算重賞勝利数は14勝(GⅠ勝利はアルアイン皐月賞のみ)。2017年 リーディング15位 61勝(重賞2勝)2018年 リーディング8位 84勝(重賞2勝)2019年 リーディング7位 91勝(重賞2勝)このように着実に毎年成績を伸ばしてきた松山弘平ですが重賞14勝のうち3勝をこの1月半あまりで勝ってしまいまし...

  •  2
  •  closed

ブラストワンピースの次走はオーストラリアのクイーンエリザベスS!?

AJCC1着後、天栄に出されながらも緩めずに追い切りを消化しているブラストワンピース。緩めないってことは大阪杯なんだろうな・・・と思っていたら・・・ 【今後の選択肢を広げる意味で、4月11日にオーストラリア・ランドウィック競馬場で行われるクイーンエリザベスステークスに予 備登録(出走した場合のみ180豪ドル・約1万円徴収)させていただきました】         むむむ・・・まさかのオージーですか?!【クイーン...

  •  8
  •  closed

衝撃だった優等生デアリングタクト

本日エルフィンSでデアリングタクトが衝撃的な勝ち方をしてくれました。過去20年のエルフィンSで勝ち時計1.33.6はあのウオッカの1.33.7を0.1上回る最速での勝利(もちろん今回はペースもあると思いますが)出資馬ではブラストワンピースのゆりかもめ賞以来の衝撃を受けました。そんなデアリングタクトは父エピファネイアということもあり、気性的な心配もあるかと思いますが、実は優等生!ゲート試験合格時→「仕上がりは早そうなタ...

  •  10
  •  closed

今週の【シルク】&【ノルマンディー】出走情報!!

No image

シルク02月08日(土)東京 3R 3歳未勝利 D1600m  レベンディス 56.0 丸山元気 アバグネイル 56.0 F.ミナリク東京8R 4歳上1勝クラス D1600m ドーファン 57.0 吉田 豊 パイロテクニクス57.0 C.ルメール東京9R 春菜賞 3歳1勝クラス牝芝1400m ビオグラフィー 54.0 F.ミナリク東京10R 箱根特別 4歳上2勝クラス混 芝2400m ヴァンクールシルク 55.0 丸山元気東京11R  節分S 4歳上3勝クラス混 芝1600m スイープセレリタス 55....

  •  0
  •  closed

デアリングタクトでクラシックに出たい

11月の新馬戦快勝以来、デアリングタクトが2/08(土)京都・エルフィンステークス(芝1600m・牝)きさらぎ賞(G3・芝1800m)にダブル登録してきました。きさらぎ賞は除外懸念によるためということで、予定どおりエルフィンステークス(芝1600m・牝)に向かいます。本馬はエピファネイア×キングカメハメハ(母母デアリングハート)という、ノルマンディーらしからぬ良血で募集時一際目をひきました(場違い感?)。ロベルト×キングマ...

  •  6
  •  closed